簿記2級取得は講座でSTUDY│スキマ時間有効活用法

勉強

人気の資格を自力で取得

勉強

日商簿記1級は通信講座などでも非常に人気の高い資格です。独学で取得するには中々ハードルが高いので、余裕があるのであれば通信講座の受講がおすすめです。しかし、独学で取得を目指すということであれば大切なことは「過去問を解くこと」です。

詳細を確認する...

簿記合格に必要な学習

合格に必要な知識を正確に

電卓

簿記2級に合格するためには試験で70%の得点が必要です。 また、合格率は30%で、70%の受験者は不合格となります。 この仕組みを把握して日々の勉強をする事が大切です。 簿記2級受験対策の講座などでも同様の観点から勉強方法を組み立てています。 講座を受けない独学の場合には、自分で分析する事が必要です。 まず、出題パターンすべてを網羅するために、テキストを一通り読むのは必要です。 その上で、簿記2級で出題される特殊な計算方法については、出題率や配点次第ではしっかり練習してマスターしなければ合格することは困難です。 過去問で出題率や配点を把握しておくことで、試験当日に捨てていい箇所と時間を掛けてでも解くべき箇所かが判明します。 したがって、過去問を解くことも必要条件だといえます。 簿記講座の講師に言わせると、実際はこなすべき勉強をこなせていない受験者が半数と言われています。 まずは「やるべきことをやる」という当たり前のことで半数のライバルに勝ちましょう。 その上で簿記2級試験のテクニックとして講座で教わる方法を使います。 その一つとして、試験での時短法「配布解答用紙からの出題予測」です。

解答用紙は優れた情報源

簿記2級の試験当日は、試験監督の説明の過程で解答用紙が配布されます。 その際、解答用紙に受験番号と氏名や試験地を書く指示がされます。 ここで、必要事項を書きながら解答用紙を確認します。 過去問をしっかり繰り返し勉強していたら、この解答用紙だけでどの問題が出題されるのか把握できます。 問題用紙が配られる前に出題内容がわかるだけで、試験時間開始後の問題文読みが圧倒的にスムーズになります。 たとえば、解答用紙の形から損益計算書を作ることがわかれば、それを前提にして問題文を読み進めることができます。 簿記2級では複雑な計算問題も出題され、また、計算方法を度忘れした場合でも電卓に数字をあれこれ入れて計算するうちに偶然正解にたどり着くこともあります。 そのため、時間はとても重要になります。 氏名記入の際の解答用紙という優れた情報源を活かして時短するには、基本的な知識習得と過去問を解いて出題パターンを理解することが必要です。 そして、この時短法が使いこなせる程度に知識が備わっていれば、合格も近いといえます。

新時代の教育サービス

勉強

通信教育を利用していると教材が増えるのは難点です。その問題を解消するためにスマイルゼミはタブレットを導入しています。それに加えてスマイルゼミは報告を行う等の授業外サービスも充実しているため、監督する立場の親からの評判が優れているのです。

詳細を確認する...

働き始めたいママ必見

勉強

医療事務は条件に合った働き方ができます。通信講座で学べば時間の融通がきくので子育てや家事で忙しいママにも取得できます。暗記科目ではなく、点数表を見て正しいレセプトを導く資格なので、誰でも勉強すれば取れる資格というのも魅力的です。

詳細を確認する...